規約

第1章 総則

(名称)

第1条 本連盟は、沖縄県スキー連盟という

(事務所)

第2条 本連盟の事務所は、那覇市におく

第2章 目的および事業

(目的)

第3条 本連盟は、スキー競技の普及および振興をを図り、冬季スポーツの発展に寄与することを目的とする

(事業)

第4条 本連盟は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う
1.スキーの普及の目的を達成するため、次の事業を行う
2.スキー競技の指導者および選手の育成、強化
3.スキーに関する調査、研究
4.その他、本連盟の目的を達成するために必要なこと

第3章 組織および加盟団体

(組織)

第5条 本連盟は、本連盟の趣旨に賛同する沖縄県下のスキー団体を以て組織することとする

(加盟団体)

第6条 本会定款(以下「定款」という。)第7条による加盟団体は、次の通りとする
1.加盟団体は、第14条に定められた年度負担金を毎年度年度初めに納入するものとする
2.加盟団体は、本連盟の行事に年一回以上参加するものとする

(加盟および脱退)

第7条 加盟および脱退を希望する団体の手続きは以下によるものとする
1.本連盟に加盟を希望する団体は、本連盟の理事の二名以上の推薦により次の事項を具した書面ならびに第14条に定められた入会金および当該年度負担金を添えて代表者より申し込むものとする
(1)団体名
(2)事務所所在地
(3)会員名簿
(4)代表者氏名
(5)代表委員住所氏名
2.本連盟への加盟または脱退は、申請のあった都度理事会に諮りこれを決定する

第4章 役員および職員

(役員)

第8条 本連盟に、次の役員をおく
1.会長1名
2.副会長1名
3.理事長1名
4.常任理事若干名
5.理事若干名(各クラブ最低1名は理事になる)
6.監事1名

(役員の選任)

第9条 本連盟は、以下の通り役員を選任する
1.会長および副会長は、理事会で推薦する
2.理事長および常任理事は、理事の互選とする
3.理事は、総会で推挙し会長が委嘱する
4.監事は、総会で選任する

(役員の職務及び権限)

第10条本連盟は、役員の職務と権限を次のとおりとする
1.会長は、本連盟を統括し、本連盟を代表する
2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、会長があらかじめ指定した順序により副会長がその職務を代理する
3.理事長は、理事会の議決に基づき本連盟の業務を遂行する
4.常任理事は、理事長を補佐し、本連盟の業務を遂行する
5.監事は、本連盟の会計の監査を行う

(役員の任期)

第11条本連盟は、役員の任期を次のとおりとする
1.本連盟の役員の任期は、2年とし再任は妨げない
2.補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする
3.役員は、その任期満了後でも、後任者が就任するまではなおその職務を行う

第5章 顧問および参与

(顧問・参与)

第12条
1.本連盟に、顧問および参与を若干名おくことができる
2.顧問・参与は、理事会で推挙し、会長が委嘱する
3.顧問・参与は、会長および理事会の諮問に応じる

第6章 会議

(会議)

第13条
1.本連盟の会議は、常任理事会、理事会および総会とし会長が招集する
2.会議の議長は、会長が指名する
3.会議は、理事総数の三分の二以上の出席をもって成立するものとし、委任状は出席数とみなす
4.会議は、出席役員数の過半数以上をもってこれを決する
5.会議を構成する三分の一以上の役員から、会議の目的である事項を示して請求があった時は、会長は、二週間以内に会議を招集しなければならない

第7章 会計

(会計)

第14条
1.本連盟の会計は、入会金、年会費その他補助金、寄付金等をもってこれに充てる
2.本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる
3.入会金および年会費については、理事会で別に定める

第8章 事務局

(事務局)

第15条
1.本連盟の事務を処理するため那覇市に事務局をおく
2.事務局には、事務局長および必要な職員をおく
3.事務局長および職員は、会長が委嘱する

付則

1.この規約は、平成26年4月1日から施行する

沖縄県スキー連盟オフィシャルサイト - Produced by Atelier FLY HIGH -

<あなたのご使用環境> CCBot/2.0 (http://commoncrawl.org/faq/) Safari 5.0 / PAGE ID = 6